鍵盤ハーモニカの魅力

2019/02/13

「鍵盤ハーモニカ」とお聞きし、皆さん何を思い浮かべるでしょうか?

「ピアニカ」「メロディオン」とお伝えするとピンとくるかも知れません。

そう、幼稚園や小学校など音楽授業で使用する教育楽器です。「かえるのうた」や「きらきらぼし」などをみんなで演奏することをイメージされたかと思いますが

この楽器、ソロはもちろん、バンドでもサックスやフルートと同じようにフロントでの演奏が可能ですしビブラートやダイナミクス(強弱などの抑揚)が声で歌うように表現できる魅力的な楽器です。ジャンルは童謡・唱歌・洋楽・ジャズなど様々演奏することが可能です。鍵盤ハーモニカは吹き口をくわえ、鼻から息を吸い、口から吐きながら舌やのどを使って音を出すことで、のみ込む力や肺機能の向上が期待できます。鍵盤を見て指で押さえ、息を吹いて音を奏でるという複数の動作を並行して行うため、脳の活性化と認知症予防も効果的と言われています。